安眠のための下着選び

パンツのゴムがきついのは×

睡眠に必要なリラックスは、精神面ばかりのことではありません。身体も、日中の締めつける衣服から解放して、ゆったりさせてやらねばならないのですが、そのために着心地のいい寝間着を選ぶだけでは、100%と言えません。下着のパンツのゴムが腰回りを締めつけていることも、体にとっては大きなストレスになっているのです。パンツを脱いで寝てみると、意外に熟睡できることがわかります。
また、パンツのゴムだけでなく補整下着のように、体のラインを整えるものを、すこしでも長く身につけていれば、よりスタイルがよくなりそう? と寝るときもつけたまま、なんていうのは論外です。肉体の解放が心の解放にもつながって、安眠のきっかけになるのですから、ごくふつうのブラジャーやガードルも、もちろんはずして寝たほうがいいでしょう。

靴下もNG

冷え性の女性などでよくみられるのが、ソックスをはいたまま眠る人です。たしかに足先が冷たいと、眠りにつきにくいのもわかります。末梢血管の血流がよくないからですが、眠ってしまえば副交感神経の働きで血管が広がってこれは解消されます。
ソックスをはいて眠ると、睡眠中の体温調節が問題となってしまいます。ソックスをはいたままでは、足の裏の発汗作用が高まり、熱をもってくるようになります。ソックスによって、熱の逃げ場所がなく、体温調節ができなくなって体に汗をかき、かえって疲労感を高めたりするのでソックスは脱ぎましょう。かわりに、足の太い血管だけを温めてくれるレッグウォーマーがおすすめです。

靴下がないと眠れないという人は?

「頭寒足熱」は安眠のための基本中の基本です。冬場に冷えて眠れないからと、とくに女性の中には靴下をはいたまま寝る人が多いのですが、これは避けたほうがよいことは、すでに書いたとおりです。しかし、どうしてもソックスをはいて寝たいというなら、五本指ソックスをはいて寝るのがおすすめです。もともとはフットケア用のソックスですが、適度に汗を吸い取ってくれるので気持ちがいいのです。綿素材ならさらに肌触りもよく、吸湿性もアップします。

子供の腹巻きはNG

子供の寝冷えが心配だからと、夏でも腹巻をさせて子供を寝かせている人もいます。しかし、子供は汗をかきやすいのに、腹巻きでしめつけると通気性は悪くなり、汗を発散させることができなくなります。そのために、かえって体のほかの部分が冷えてしまったり、暑くて布団を蹴飛ばしてしまうこともあります。子供は寝間着さえちゃんと着ていれば、腹巻きはしないほうがいいでしょう。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください