爽快な目覚めを迎えるために今日から実践したい7つのこと

目覚まし時計をセットする

前の晩、どんなに眠くても、目覚まし時計をセットするのを忘れてはいけません。目覚ましをかけない不安で「あれ?目覚ましをかけたかな?」というストレスから熟睡できない人が多いことが調査でわかっています。昼間の仮眠でも目覚ましをかけるクセはつけたほうがいいでしょう。「目覚ましをけたから大丈夫」という安心感が熟睡につながり、また爽やかな目覚めにも繋がります。

目覚まし時計は一斉に鳴らす

朝が苦手で起きられないから、と目覚まし時計を枕元にいくつも並べている人がいるかもしれません。ただ、6時に起きたいのに、6時、6時5分、6六時10分とバラバラの時刻にセットしてはいいないのでしょうか?
5分ずつずらして目覚ましをセットするのは、逆効果です。せっかく1つ目のベルで目が覚めても、まだ、次ぎがあるから…と頭でわかっているために、かえってダラダラして起きられなくなってしまいます。
目覚まし時計は、数分おきにセットするのではなく、一度に全部を鳴らすように設定します。これならいさぎよく起き上がらずにはいられないはずです。「起きなければならない」緊張感をしっかり自覚することです。

朝、起きられる目覚まし時計は音量ではない

目覚まし時計でいくら大音響がしても、全く無反応で、ぐーぐーと寝ている人もいます。こんな人は、いくつ目覚ましを用意しても、音を大きくしても、効果がアップするわけではありません。音が大きいことより大事なのは、睡眠中でも活動している、右脳への刺激になる音を選ぶことです。静かな声で名前を呼ぷ、好みの音楽を流すなどのほうが、より効果的です。

目覚ましの音は、マンネリではダメ

長年使っている目覚ましでは、どうも最近起きられなくなってしまった、という人の場合 は、一異なる音が鳴る目覚まし時計に変えてみるといいでしょう。同じ音を毎日聞いていると、耳が慣れてしまって刺激が薄くなるためです。ベル音に変えられる目覚ましなら、一日おきに変えてみたり、あるいはラジオやテレビのタイマースイッチを目覚まし代わりにしたりして、とにかく音に慣れないようにしてみると、効果がでやすいでしょう。
2種類以上の音を鳴らせる目覚まし時計はこちら。

自己暗示のおまじないも効く?

どうしても遅刻はできない早朝会議があるのに、起きられるかどうか不安でかえって寝つきが悪くなることは誰にでもあるものです。
そんなときは、ヒミツのおまじないをためしてみよう。そのおまじないは、何も特別の言葉ではない。起床時間を念仏のように何回かくり返しておくだけ。これだけで効果があるものです。これは、つまりは自己暗示、自己催眠の手法の一つです。
「自分は絶対5時に起きる」と強く念じることで目を覚ますわけです。このおまじないの言葉に、たとえば布団をボンボンとたたくとか、枕の下に時間を書いた紙を入れておくといった行為をくわえておくと、潜在意識へのインプットがさらに強くなり効果が倍増します。

朝の目覚めのあとはぐずぐずしない

睡眠というのは習慣性をもったものです。だから、毎日の生活習慣を規則正しくすることだけで、不眠症はかなり改善されるのです。ベッドは寝るところと決め、眠くならないうちからゴロゴロ寝そべったり、朝も起きてからいつまでもグスグスしているようなことをやめれば、それだけでケジメがつけられます。目覚まし時計に起こされて、まだ眠いと思う朝があっても、さっと起きだして体を動かすことで、スッキリできるはずです。行動の習慣化により「目覚まし=起床」を脳にインプットしてしまいます。

疲れで目覚めが悪い時の応急的処置

朝どうしても起きにくいという場合には、前日の疲労が残っているのかもしれません。元気を回復していれば、じつと寝てなどいられないはずです。頭が重い感じ、食欲がない、心も休もしゃっきりしないというような症状があれぼ、疲れが残っていると考えます。こんな状態では、仕事も勉強もちゃんとできるはずがない。とにかくボンヤリしたままのボディを、しやんとさせてやらなくてはいけません。
そのための応急処置が「鉢巻き」です。これを、朝、起きたら頭ではなく体に巻く。胸、腰、ヒップを、それぞれ二メートルくらいの長さのヒモか包帯のようなものできっちり縛ると、すっきりした目覚めに意外な効果があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください