真夏・真冬」カテゴリーアーカイブ

暑さが厳しい夏と寒さが厳しい冬の、寝室の環境や寝具などについて。 快眠 安眠 方法 心地よい夜を過ごし、さわやかな朝を迎えるための方法などを紹介。

暑い夏の寝間着と枕

パジャマを着る

寝苦しい暑い夏は、どうしても裸や下着一枚などの薄着で眠りたくなってしまいますが、これでは汗を吸収する寝間着がなく、かえって寝苦しくなってしまいます。寝間着をきちんと着て就寝したほうがはるかに安眠できます。それも半袖にして、腕から熱を逃がす部分をつくっておくのがポイントです。
夏用の寝間着は、サラリとして肌にまとわりつかないサッカー地やシワ加工のあるクレープ地など、綿の肌ざわりの良いものが多いです。デザインも、開襟シャツの半袖上着など、すこしでも涼しく寝られるような工夫がされています。ところが、なぜかズボンだけは長ズボンです。寝ているときは、起きているときにくらべて下半身に汗をかきやすいのが普通です。下だけ短パンにはきかえるなどして、涼しく寝られるように工夫しましょう。寝相に不安がなければ、ロングTシャツのようなワンピースタイプも、空気が抜けて涼しく安眠につながります。

水枕はNG

夏は、ひんやりと気持ちのいい水枕を使えばよく眠れるかも…と思うかもしれませんが、これは、意外にも不眠になってしまうケースが多いです。頭をのせた直後は涼しくていいのですが、寝返りの際に中の水がボコボコと動いてしまうので落ち着きません。
水枕は、ただ頭をクールダウンさせるための、リラックスグッズだと思って入眠時だけに使用するのが効果的です。

枕の素材選び

暑い季節にはサラッとしたシーツにタオルケット、というふうに季節によって寝具を変えるのは当たり前です。意外に見落としがちなのが枕や枕カバーで、冬のままのものを使用している場合です。ほかの寝具と同じように、枕にも夏向きの素材があります。
吸湿性の高いそばがらや、通気性がよく水洗いもできるパイプやマルコビーンズなどです。枕カバーも汗をよく吸い取ってくれるサラッとした生地のものがおすすめです。また、清潔にしておくために枕カバーはこまめに洗い、中身が洗えないそばがらの枕でも、週に1度は日に干すようにしましょう。
快眠・安眠のための枕(一覧)はこちら。

夏のエアコンに注意

エアコンは「除湿モード」を使う

熱帯夜に寝苦しいのは、気温が高いうえに湿度も高いことが大きな原因です。こんなとき、無理やり冷房で温度を下げると体調をくずしやすいですが、湿度だけでも下げると案外快適になります。
最近のエアコンはずいぶん性能もアップしているので、昔のように「除湿」(ドライ)にすると部屋が冷えてしまうということもありません。室温はあまり下げず、湿度だけを下げてくれるので、サラっと気持ちよく眠れます。
冷房は苦手、あるいはエアコンは高くて買えない、という人なら、除湿機にするのもおすすめです。夏の間だけでもおおいに役立ってくれるでしょう。

エアコンのつけっぱなしはNG

暑い夜は、エアコン(除湿機能がおすすめです)を利用して快適に眠るのが賢い方法です。しかし、一晩中つけっぱなしにするのは、体が冷えすぎて体調をくずしてしまったり、空気が乾燥しすぎて、ノドを痛めたりするのでNGです。タイマーを使って、途中でスイッチが切れるようにすればいいのですが、機械が苦手なお年寄りなどの場合は、うまくセットできずに朝までかけてしまうこともあります。
また、エアコンの音がうるさくて気になる人もいます。そういうときには、就寝の1時間くらい前に、寝室のクーラーを強くかけておき、部屋が十分に冷えたところでスイッチを切って寝るのがベストです。温度設定は27度くらいがおすすめです。
こうすれば、スイッチを切ってもしばらくは部屋全体が冷えているので、心地よく眠りにつくことができます。

冷房は直接からだにあてない

冷気にじかに当たると気持ちがよいからと、クーラーの羽根を下に向けるのは体にはよくありません。とくに睡眠中には体が冷えすぎるのでやめたほうがいいでしょう。
羽根の角度は平行にしておく、または上向きにしておくのが、体にやさしい冷房の使用方法です。
もちろん、上下に羽根が自動的に動いて、まんべんなく冷気を送ってくれる機能があればそれもよいでしょう。

冷房だけに頼らない

寝苦しい熱帯夜には、クーラーの温度設定を低温に設定してしまいがちです。でも、これでは体が冷えすぎて、翌朝の目覚めが悪くなったり体調をくずす原因となってしまいます。暑くてどうしようもないときには、頭を冷やすだけですっきりすることも多くあります。そこで、冷凍庫で冷やしたおしぼりを耳やおでこに当ててみるのもいい方法です。クーラーに頼るだけでなく、こういった工夫で暑い夜をなんとか快眠につなげたいものです。

扇風機でも直接の風は控える

クーラーよりやさしい、自然の風のほうが体には害がないからと、扇風機をガンガンかけたまま寝るのはおすすめできません。
私たちは入眠のときはもちろん、睡眠中でもたえず汗をかいています。そこに扇風機の風が当たると、体が冷え切ってしまいます。扇風機を使うなら、必ずタイマーで切れるようにしておくことと首振りにしておくことです。さらに、壁ごしに間接的に風が当たるようにしたり、上へ向けておいて部屋全体の空気が流れるようにすれば体の冷えすぎを防ぐことができます。