夜は心の満足と美を求めてクレンジングとダイエット

夜になるとお腹がすいて夜食のことで頭がいっぱいになってしまう人は、行動パターンを思い切って変更します。お風呂でリラックスする時間を過ごせたならお風呂上がりに徹底的に自分磨きをするのはどうでしょう?バスタイムにお手入れをしてしまう人が大部分だと思われますが、快眠のためには、バスタイムは「リラックスタイム」と割り切ってしまうのがいいでしょう。
スキンケアの順序をしっかり頭に入れて美肌を目指します。

  1. クレンジング…面積の広い頬や額からはじめます。マスカラなどを使用しているのであれば専用のリムーバーを。
  2. 洗顔…脂っぽい額や鼻からあご、頬の順です。十分に泡立てて指はらせん状を描くように優しく行います。
  3. 化粧水…洗顔後すぐに行います。敏感肌で悩んでいるようであれば、ミネラルウォーターベースの化粧水を試してみるといいでしょう。顔の中心から外へのばしてから軽くパッティングします。最後は両手で顔を包み込みます。
  4. 美容液…自分の肌のタイプ、状態に合ったものを選ぶのがポイントです。
  5. 保湿クリーム…保湿クリームで乾燥を防ぎます。軽くマッサージしながら浸透させるのがポイントです。
  6. パック…時間がある週末などはパックしましょう。肌に栄養をうるおいをたっぷり与えます。

フェイシャルマッサージの順番

ファイシャルマッサージを独自の方法でおこなってしまっている人も多いと思いますが、きちんと順番どおりにやらないと効果が得られません。
クリームを額、鼻、両頬、あごに置き、額、目の周り、鼻の脇、頬、口に周り、あごの順番に指の腹を使って優しく円を描くようにマッサージします。

ヘアケアの方法

タオルドライを十分に行います。ごしごととやらずにタオルで髪の毛を挟んでポンポンとたたくようにすればダメージも最小限になります。
次に、髪質をよくしたいのであれば、地肌の血行改善が重要です。指の腹でゆっくり地肌のマッサージをします。
ドライヤーは、まず地肌を十分に渇かした上で髪を乾かします。熱風が1カ所に集中しないようにします。

ダイエットを自然体で行う

食事

夕食では、繊維をたっぷり摂るように意識し、エネルギーのもとになる炭水化物、脂質、たんぱく質などは控えめにします。食物繊維が豊富な海藻、きのこ、葉野菜などをたっぷりと食べます。
調理法にも気を使い、蒸す、茹でるで調理します。炒める、揚げるは、夕食はできるだけ控えます。蒸したり、ゆでた野菜などを少し油のあるドレッシングを使うと満足できます。空腹感を感じるときは、体の中の脂肪が燃えている時間です。夜食を食べて、その火を消してしまうのではなく他のことをして違うことに集中します。

運動

夜は、どうしてもエネルギー消費が減りますので、食べた分だけでも消費するように習慣づけます。軽いエクササイズなどが最適です。やりすぎると、体が興奮して眠れなくなるので逆効果です。ストレッチなどにとどめておくのがポイントです。
腹筋運動を軽く行う程度が最適です。テレビを見ながら軽く行う程度でよいでしょう。
掃除などをして運動がわりにする手もありますが、帰宅してからやることが増えすぎてしまうのは、逆効果になる場合もあります。
簡単なぞうきんがけなどは、ストレッチにもなるのでおすすめですが、ストレスになるようであれば、やめておいたほうがいいでしょう。
夜に洗濯などを行っている人は、適度なカロリー消費になりおすすめです。限られた時間の中で家事をうまく取り入れれれば一石二鳥です。

快眠のためにお風呂&入浴時間をリラックスタイムに

お風呂場をお気に入りの場所に

仕事や学校で疲れて帰ってきてもお風呂に入るといやなこともストレスも流されるように感じますね。心と体の両方の疲れが癒されます。お風呂に入ると心地よく感じたりリラックスできるのは、副交感神経の働きが活発になるためです。睡眠時も同様に副交感神経が優位になっています。1日しっかり活躍した脳や体をリラックスさせるホルモンでのんびりした気分になります。
1日の汗やほこりを洗い流すことによる爽やかな感じも心地いいものです。女性であれば、バスタイムを上手に美容の時間に活用する人も多いことでしょう。
リラックスした状態なので、肌もキレイになるのです。肌は潤いが与えられ、血行がよくなり新陳代謝も活発になるので、バスタイムにお肌の手入れをするのは、理にかなっているのです。
真夏でも、湯船につかり半身浴などで汗をかくとよいでしょう。半身浴については、こちらのサイトが参考になります。

こだわりのバスルールがリラックス効果を高める

入浴が美容にもリラックスにも最適な時間帯になることがわかれば、もっともっと快適な場所にしたくなるのが女性というものです。
温湿度計や小物などを置いてアクセントにするのもようでしょう。お風呂用の洗剤などは、思い切って片づけてしまいシャンプー、リンス、コンディショナーなどもかわいいボトルに入れるといいですね。ユニットタイプであればカーテンを工夫するのもよいです。
また、半身浴などでゆっくりしたバスタイムを過ごすには、お風呂用のテレビ、ラジオ、CDプレーヤーなどを置くのもよいです。

ボディシャンプー、シャンプー、トリートメントなどの香り好きな香りに統一すると体の疲れがとれやすくなります。臭いによるリラックス効果も科学的に解明されているので、自分の好きな香り、リラックスできる香りを見つけるといいでしょう。入浴剤、バスオイルなどさまざまなグッズが売られていますので試してみるといいでしょう。
それから、体を洗う、拭く際に使うタオルに少しお金をかけるとかなり違います。肌にやさしい少し高級なタオルを使うだけでとても気持ちよく洗うことができます。

リラックスできる入浴法

お湯の温度は、40度以上の熱いお湯は体の活動を活発にする効果があり、37~39度のお湯は心身ともにリラックスすることができます。
快眠のためには、リラックスしたほうがいいので37~39度くらいの半身浴が最適です。半身浴だと心臓、肺への負担が軽減されるのでリラックス効果も倍増です。
肩こりがひどくツライ場合には、半身浴よりも肩までしっかりお湯に浸かったほうが効果的です。半身浴などは、読書をしたり、好きなTV番組を見たり、音楽を聴いたりと「ながら入浴」がおすすめです。
バスタイムにダイエットもしたい!という女性も多いと思いますが、5分、湯船に浸かって3分休憩、また5分浸かって…を数回繰り返すと効果があります。また、入浴前にミネラルウォーターなどを飲んでから入るのがポイントです。
足が冷えやすい女性は、足浴なども効果があります。

バスタイムを利用してキレイになる

せっかくお風呂場の環境も整えたのなら、お風呂場で髪の毛や顔もパックするとよいでしょう。温まって大きく開いた毛穴からうるおいや栄養が肌にじんわりしみこんでいきます。
髪の毛は、タオルなどをまいてスチームパックしてからシャンプーをしてタオルドライ後にヘアクリームをしみこませ、熱めのお湯で
しぼったタオルを巻きシャワーキャップをかぶってお湯につかります。途中2~3回温めたタオルを交換するといいでしょう。
お風呂から出たらまずは、キレイになった肌にミネラルウォーターベースの化粧水を使うのがいいでしょう。
無添加の化粧水ですから肌が一番吸収しても安全な化粧水を使用します。心も体もリラックスできたら肌にもストレスを与えないケアがポイントです。
化粧水をゆっくり肌にしみこませてから美容液を自分の肌にあったタイプのものを使うとよいでしょう。

快眠のための夕食と大事なポイント

疲れたときの夕食

快眠のためには、食事も重要な要素です。夜は、出来るだけ消化のいいものをよく噛んで少量食べるのが快眠への大事なポイントになります。疲れた時にコンビニのお弁当や、外食をしたくなるのは、皆一緒ですが、ここで少し我慢して雑炊やお茶漬けなどで簡単にすませるといいでしょう。コンビニ弁当は、化学添加物が多く、体が休みたくても休まらないためです。
また、夜は消化のいいものを少量食べるのがよいため、こうした食事がおすすめです。
よく噛んで食べることも大切です。ありあわせの野菜やきのこをゆでてポン酢などをかけて食べてもおいしく食べられます。特にお昼などが外食で野菜不足になりがちな人は夜に野菜中心にするといいでしょう。

特に疲れもなく夕食の用意ができる日は、和食がおすすめです。1汁3菜が基本ですが、主食に主菜、副菜2品という組み合わせは食事のバランスがしっかりとれる基本の献立です。
パセリなどの青み、針しょうが、ゆずの皮は木の芽、ハーブ類などを使って盛りつけも工夫すると、食欲も湧きます。食べ過ぎはよくありませんが、「おいしい」と感じながら食事を摂ることは栄養吸収の面以外にも大切です。
ランチョンマットなどでテーブルコーディネイトするのも楽しいです。テーブルの中央に花1輪キャンドル1本を飾るだけでも雰囲気がでます。

外食をするときのポイント

1人で生活をしている場合には、家に帰って自分の夕食を作るのが面倒になってしまう日もあるでしょう。ひとるだけの分を作るのは億劫になってしまうこともあります。外食に頼る日もあると思いますが、外食の場合、脂質、糖質が多くカロリーの多い料理が多く、野菜不足になりがちです。また、味が濃いため、塩分の摂取過多になる場合もあります。夜にカロリーを摂りすぎると、胃が休まらずに快眠を妨げてしまいます。
そういう点からもファミレスに4回行くところを豪華一点主義に変えて1回だけ手づくりの料理をだしてくれるお店に行くことをおすすめします。ファーストフードに行くのであれば、家でお茶漬けを食べたり、雑炊を食べる方がよいでしょう。
お酒を飲む習慣がある人は、遅い時間になってしまった場合には出来るだけ控えるようにすると体調不良も避けられます。

太らない夜食のとりかた

家に帰ってくるとほっとして安心するせいかお腹がすいて、夕食後に夜食を食べる習慣がついてしまっている人もいます。夜食は当然、太りやすくなるので食べないのが一番です。夜は、消費エネルギーが少ないのに加え、副交感神経の働きで体がエネルギーを蓄え昼間の活動に備える仕組みをもっています。特に夜の10時過ぎ~夜中2時はもっとも危険タイムです。どうしても夜食を食べたい場合には、この時間は必ず避けるようにします。また、すぐ食べることの出来る、お菓子、インスタントラーメン、デザートなどは置かないほうがよいです。どうしても食べたい場合には、消費カロリーの少ない消化のいいものにします。

口さみしいときの夜食メニュー

ホットミルク

ミルクは気持ちを落ち着かせる作用があるため睡眠促進効果があります。黒砂糖、ナツメグを加えるとさらにおしくなります。

寒天ゼリー

粉寒天でジュースやコーヒーのゼリーをつくります。寒天はダイエット食です。便秘で悩んでいる女性にも効果抜群です。

ホットワイン

赤ワインにシナモン、クローブ、オレンジスライスなどを加えるとおいしいです。ワインは、抗酸化作用があり、女性の場合、お肌もキレイになります。

冷や奴/湯豆腐

お豆腐は栄養価が高く、低カロリーですので安心して食べることが出来ます。ねぎとおかかをかけてお醤油やポン酢をかけて食べればお腹にたまります。

雑炊

炭水化物がどうしても食べたい場合には、少量のご飯にたまごやきのこを加えてあっさり雑炊にして食べればいいでしょう。ご飯を少な目にしておくのがポイントです。
食べ過ぎは快眠の妨げになるので、出来れば夜食は食べないようにします。

就寝前までの過ごし方が快眠の鍵

リラックスする時間を自分のためにつくる

1日を終えて、仕事や学校から帰宅すると、とたんに緊張から開放されてバタンキュー。といった人も多いのではないでしょうか?食事も適当にすませ、テレビをつけっぱなしでうとうと。こんな日もたまにはリラックス効果があっていいと思いますが、毎日がこれでは安眠、快眠といった生活とは縁遠くなってしまいます。

毎日の生活でいつも楽しくてうれしくて…という人はいません。イライラする日もあれば、腹がたっていられない…という日もあるかもしれません。体の疲れを残したまま布団やベッドに入っても翌朝、爽やかなスタートは切れません。たとえ10分でも5分でもリラックスできる時間をもつことが大切です。テレビやパソコンのモニターにしがみつくのではなくゆったりとした時間を過ごすことがおすすめです。
イヤなことやツライことは明日に持ち込まないことも安眠の大切なポイントです。
就寝は心身をリセットするためのものですから、いったんゼロに戻す気持ちが大切です。ストレス発散に、夜中とことん遊び回るのもよい方法ですが、二日酔いで次の日の仕事に支障がでるようになってしまうと逆効果にもなります。

早く帰宅したくなるような部屋づくり

帰宅時間が遅くなり疲れがたまってしまうとどうしても人間はイライラします。そこで部屋に早く帰りたくなるような部屋づくりもよいでしょう。疲れた後に、散らかった部屋に帰宅するのは、かえって疲れがたまります。
お部屋の片づけ方は、それぞれ自分なりの方法で行えばいいですが、床にモノが散らかるとどうしても落ち着かず、気分が悪くなりますので、同じかたちのかごなどをいくつか用意して衣類や、本、雑誌などをわけて片づけるようにするとだいぶ部屋が片づきます。
床に無造作に積み重ねられていたり、いすにかけてある洋服は、いいものではありません。
部屋をきれいに片づけたらさわやかな香り、好きな香りが漂う部屋もリラックスには効果的です。アロマオイルやお香などもお気に入りの香りのものを使うとよいでしょう。

お気に入りのインテリアグッズも癒しに

部屋をきれいに片づけることが出来たら、きれいな絵やポストカードを飾ったり、思い出の写真を飾ったり、インテリアにも少し気を向けるといろんなアイデアが浮かんできます。
極端に言うと、自分がリラックスできる環境をつくるための手段ですから、「こうしなくてはいけない!」ということは何もありません。自分が心地よくリラックスできるためのアイテムをさがせばいいのです。
カーテンにこだわってみるものよい方法です。日中は、学校や仕事で自分の部屋のカーテンは、締まっている状態をみていることが多いものです。そこで、大柄や目立つ色のカーテンは部屋を狭くみせてしまいます。壁や天井と同系色でドレープの少な目のほうがスッキリするでしょう。

また、灯りは、蛍光灯の全体の照明だけでなくいくつかの照明器具で部分照明にするのも部屋の雰囲気が変わります。低い位置からの灯りはリラックス効果もあります。白熱灯などは、食卓やリビングに、明るく経済的な蛍光灯は、読書や長時間の点灯に利用するとよいでしょう。